instagram
外観デザインのこだわり

外観デザインのこだわり

こんにちは、gritでディレクターを担当させて頂いてるMASHこと松川です!!前回のブログ(→コチラ)ではgritで採用している外壁材について、熱く熱く語らせて頂きました(笑)その熱がおさまらないまま…今回もgritがちゃんと根拠を持って採用している部材をご紹介させていただきます。

の前に。。。余談です(笑)人によってこだわりの部分ってバラバラじゃないですか??むしろ、そんな所にこだわる!?って思ってしまうらい、人によっては細部へのこだわりが半端ない人が居てます。そして僕の周りではダントツで同じディレクターのハヤマンこと葉山くん。

ミニマリストのハヤマン

彼はミニマリストで、モノが少ないことに落ち着くのではなく。。。お気に入りのモノに囲まれて暮らしたいことを叶えようとしたらミニマリストになった、ガチ中のガチ。そんな彼のこだわりは家の中に黒を入れたくないことから。。。画面が黒すぎるからテレビを置かない、全身黒コーデの人は家に来て欲しくないと思うぐらいこだわりが強い。そしてなぜこの余談を挟んだかという。。。今回ご紹介させてもらうgritがこだわりを持って採用している部材がまあまあ細かいから(苦笑)ただ、【美しさは細部に宿る】ものだと思っているので語ります!!

雨樋はデザインと機能で選ぶ

この家、なんかかっこいいなって思う家には共通点があります。それは、雨樋が大抵シンプルなんです。建物のプローポーションを考えた時に雨樋はただのハコで良いと思ってて、手に触れる場所ではないけど、手は抜かない、形にこだわってたどり着いたのが。。。タニタハウジングウェアのHACOという雨樋です。

HACO H6号 タニタハウジング

この形にうっとりしちゃう自分が居てるのですが、HACOの材質は耐久性が高いと言われるガルバリウムで、gritでは建った後のメンテナンスも考え素材を選びます。その中でもガルバリウムは後々にかかるメンテンスを軽減してくれるほどの耐久性があり、結果としてメンテナンス費用を抑えてくれます。なので、屋根と外壁にもガルバリウムの素材を選んでて、ちょうど屋根と外壁の境目にあるのが雨樋です。その雨樋も同じ素材でコーディネートすることで、材質の違いによる違和感がない、まとまりのある外観デザインとなります。

シンプルな片流れ屋根の家

雨樋がシンプルな形であるからこそ、どんな形の建物でもまとまりのある外観デザインとなります。こちらはgritのスクエアタイプのデザインですが。。。

シンプルな平屋の家

平屋のフラットタイプにもしっかりと合います。普段の見学会やモデルハウスでは1時間程度のご案内の為、、、細部のこだわりについてお話する機会は少ないですが、建築は細部のこだわりの積み重ねだと思っています。それが見た目にも、その後の暮らしやすさにも影響するので、細部までこだわるのがgritの家づくり。ぜひ、gritのこだわりをモデルハウスで体感ください(^ ^)

MODEL HOUSEMODEL HOUSE

gritモデルハウス

MODEL HOUSE

吹き抜けのあるリビング

人と庭を結ぶ家

住 所
〒649-2106
和歌山県西牟婁郡上富田町南紀の台919-394
定休日
毎週水曜日・第1/第3木曜日・祝日
時 間
10時〜18時
モデルハウス見学会のご予約モデルハウス見学会のご予約
© 2020 grit ARCHITECT.