instagram
光熱費を下げる方法

光熱費を下げる方法

こんにちは!

grit_architectディレクターのニックネームツバサこと松本です!

私小学校4年生から典型的な反抗期に入り、今もなお進行中なのですが、主に母に対しての反抗心がとどまるところを知らず、毎日喧嘩をしております(笑)

ちなみに父に関しては長い長い反抗期が終わり、今は最も尊敬しております(笑)

母は私にとって、どれだけ反抗しても決して屈することのない、ラスボス的存在。

そして、お腹から生まれてきた私でも理解しがたい、つかみどころのない関西のおばちゃんて感じの人物です。

そんな母はかなりの節約家(言葉を選ばなければ“ケチ”)なのですが、たま~によく分からない浪費をします。

今でも鮮明に覚えている出来事でいうと、私が小学生の時、学校から家に帰ると、リビングに立派な卓球台が置かれていたことがあります(笑)

誰かの家で見て、どうしても欲しくなったらしいのですが、うちは誰一人卓球経験者でもなければ、買ったことがきっかけで卓球にハマることもなく、決して広くないリビングに置いておくにはあまりにも邪魔だったので、購入した一か月後に折りたたまれたまま、後15年一度も開かれていません(笑)

今ではダイソーの便利グッズを駆使して、服をかけるラックとして、生まれ変わっております(笑)

そんな母のケチ度合いは日に日に増しているにも関わらず、また最近突拍子もなくあるものを買ってきました。

それは蓄電池。母曰くこれからの時代は蓄電池が必須らしいです。いや分かります。いつどこでなにが起こるか分からない時代。あってもいいとは思うんです。

しかも、その蓄電池はソーラーパネルと合わせて買えば、太陽光発電で普段のちょっとした電力が賄えるので節約志向の方にもいい!という話を聞いたんだとか。

ただケチであまりその辺りを理解せずに購入に踏み込んだ母は、ソーラーパネルは高いからと未購入。

でも、蓄電池を普段使いできる!というところだけ頭に入っているせいで、一度家のコンセントに差して、1日かけて電気をためた後、その電気を使って携帯の充電や扇風機を回すという謎の蓄電池経由の電力供給を家族全員に強要してきます。

反抗期の私は言うことを聞きませんが、気付いたら携帯充電用の線は蓄電池に繋ぎなおされています(笑)

蓄電池の電気は1日も経たないうちに使い切ってしまうので、また蓄電池を一日かけて充電。

なんの節電にもならないうえに、災害時用に電気をためておくわけでもない、世界で最も蓄電池を有効活用出来てない松本家ですが、母が満足そうなので最近は反抗するのを止め、潔く蓄電池から電力を得ています(笑)

もし、万が一このブログを読んでくださっている方で節約のため蓄電池の購入を検討をされている方がいれば、ぜひ蓄電池よりgritでの暮らしを検討してください(≧▽≦)

性能にこだわったgritのおうちでは、きっと今お住まいのマンションやアパートより光熱費がぐぐっと下がります(^^)/

え?どういうこと?もっと教えて!と思った方はぜひgritモデルハウスにお越しくださいヽ(^o^)丿

モデルハウス公開中

\ 最新イベントはコチラ /

見学会情報

\ 施工実績はコチラ /

grit施工実績

MODEL HOUSEMODEL HOUSE

gritモデルハウス

MODEL HOUSE

吹き抜けのあるリビング

人と庭を結ぶ家

住 所
〒649-2106
和歌山県西牟婁郡上富田町南紀の台919-394
定休日
毎週水曜日・第1/第3木曜日・祝日
時 間
10時〜18時
モデルハウス見学会のご予約モデルハウス見学会のご予約
© 2020 grit ARCHITECT.